料金について

離婚する時にどんな費用がかかりますか? いくらですか?

示談、調停、訴訟を依頼される場合
離婚協議書の作成のみを依頼される場合

示談、調停、訴訟を依頼される場合

裁判所に対する費用(調停、訴訟の場合)
収入印紙代(平成29年1月現在)
離婚調停申立て
1,200円
離婚訴訟申立て
13,000円
※損害賠償請求を含む場合、請求額が160万円を超える場合、加算
裁判所に預ける切手代(神戸家裁姫路支部の場合 平成29年1月現在)
離婚調停申立て
1,090円
離婚訴訟申立て
7,040円
当事務所に対する費用
弁護士費用
相談料

【通常】30分 5,000円+税
着手金
事件の依頼を受けた時にいただくお金です。

当事務所では、着手金を一律で固定しています
※ 他の請求[例:養育費、慰謝料など]を含んでも、一律30万円+税
※ 示談から調停・訴訟に移行しても追加はありません。
※ 養育費、婚姻費用請求のみの場合、着手金は10万円+税
30万円+税

離婚と合わせて婚姻費用(生活費)、養育費、慰謝料などが問題となる場合でも、また、示談から調停、訴訟に移るなど、手続きが移行しても追加着手金は頂きません。
(※控訴審・抗告審、上告審を依頼される場合は頂きます。)
報酬金
依頼を受けた事件の処理に成功したときにいただく費用です。

離婚が認められた場合
30万円+税

金銭的請求による利益(慰謝料、財産分与)がある場合、その利益の大きさに応じて以下の報酬金を加算いたします。
経済的利益 得られた経済的利益からの割合報酬
300万円以下の場合 16%+税
300万円を超え3,000万円以下の場合 10%+18万円+税
3,000万円を超え3億円以下の場合 6%+138万円+税
6%+138万円+税 4%+738万円+税


当事務所では、お子様の生活費に関わる、婚姻費用(生活費)及び養育費(月額10万円未満)、年金分割の成功報酬は頂きません。


離婚協議書の作成のみを依頼される場合

離婚協議書作成料
13,000円
※公正証書にする場合の弁護士の公証人役場立会費用を含みます。

相談・依頼の流れについてはこちら

夫婦問題・離婚相談のご予約・お問い合わせはこちらまで


tel.079-286-8040
受付時間/9:00~18:00 休日/土・日・祝祭日

このページの上部へ戻る
Copyright© Joyo lawyer Office All Rights Reserved.