城陽法律事務所の離婚解決事例集

当事務所が過去に解決した事例の一部をご紹介いたします。
是非ご参考になさってください。

子供について

FILE
61

子との直接的面会交流が否定された事案

相談者
性別:女性
年代:30代
姫路
解決内容

夫の直接的面会交流が否定され,間接的面会交流(3か月に1回の頻度で子の写真を送るという内容)で合意できた事案。

結果・所感

夫は子との直接的面会交流を強く求めていましたが,調査官による調査報告の結果や直接的面会交流で生じる子への負担等を理解いただき,間接的面会交流で合意していただくことができました。
相談に来ていただいた段階から,離婚に至る経緯や子の発育状況等を詳しく聴き取っていたため,調停の場でも,直接的面会交流による子の負担がいかに大きいかを説得的に主張することができた結果だと考えます。

ワンポイント解説

調停期日外での調査官の面談の際は,妻に付き添って出席し,調査官に対し,妻の主張を補足したり,子の状況を客観的に説明することで,いかに直接的面会交流による子への負担が大きいかを伝えることができました。

FILE
56

直接的面会交流が否定され、間接的面会交流のみ認められた事案

相談者
性別:女性
年代:30代
姫路
解決内容

夫側が、月1回程度の面会交流を求めたのに対し、
子の拒絶の度合いが強く、直接的な面会交流は、現時点では到底実現できない、と
主張した事案です。

結果・所感

親同士で試しに面会交流を行ってみたものの、子が夫を拒絶し、早々に
終わった上、裁判所で行った試験的面会でも困難であり、

夫側としても、現時点で直接的面会交流は困難との認識を持たれるに至りました。

ワンポイント解説

一般的に面会交流は、原則実施が相当と説明される事が多いです。

しかし、子の拒絶の程度が大きく、これが試験的面会等でもあらわれ、
拒絶の解消、改善が困難な場合には、間接的面会交流のみに限定される事も
あり得ます。

姫路、加古川、高砂、たつの、相生、赤穂など西播で離婚、親権、面会交流等で
お悩みの方は、私たち「城陽法律事務所」まで遠慮なくご相談ください。

FILE
22

親権を妻とした上で、子との面接交渉につき、原則の曜日等を決めた事案。

相談者
性別:女性
加古川市在住

夫婦問題・離婚相談のご予約・お問い合わせはこちらまで


tel.079-286-8040
受付時間/9:00~18:00 休日/土・日・祝祭日

このページの上部へ戻る
Copyright© Joyo lawyer Office All Rights Reserved.