城陽法律事務所が、お悩み別に「離婚問題」の解決策をご提案します!

  • 「請求された」でお悩みの方
  • 「請求したい」でお悩みの方
  1. 離婚原因があるか
  2. 別居期間の有無・長さ
  3. お子様との関係が築けるか

離婚原因があるか

 例えば、こちらが不貞行為を行っているとか、相手に対し、暴力を振るっているなどの事情がある場合、それ自体が有力な離婚原因となり、裁判所も離婚を認める方向で考えます。
 これに対し、性格の不一致や家事、育児への非協力などについては、程度問題であり、大なり小なり、どこの家庭でも起こりうる問題であるため、それだけで即離婚と裁判所は考えることは少ないかと思われます。
 また、相手が不貞行為を行っているケースでは、相当長期間の別居がなければ、裁判所は離婚を認めない考え方を採っています。

当事務所では

お客様のケースに応じた、効果的な主張、立証を行います。

お客さまの声 城陽法律事務所で解決したお客さまより頂いたお便りをご紹介いたします。

別居期間の有無・長さ

 不貞行為や暴力など明確な離婚原因がない場合であっても、単身赴任などの特別の事情がない別居がある程度長くなっている場合(3~5年程度)、それ自体が夫婦関係の破綻を示すものとして、裁判所は離婚を認める傾向にあります。従って、別居期間がそれほどではない段階で手を打っておく必要があろうかと思われます。

お客さまの声 城陽法律事務所で解決したお客さまより頂いたお便りをご紹介いたします。

お子様との関係が築けるか

 相手が離婚を求める理由にもよりますが、お子様との関係が良好である場合、離婚を思いとどまるケースもございます。現時点で、お子様との時間がうまく取れない場合であっても、お子様との面会交流の調停を申し立てるなどの方法により、お子様と面会する機会を設け、ひいては相手との関係を修復する事が考えられます。

当事務所では

関係修復についても出来る限りのサポートを行います。

お客さまの声 城陽法律事務所で解決したお客さまより頂いたお便りをご紹介いたします。

離婚解決事例集

当事務所が過去に解決した事例の一部をご紹介いたします。是非ご参考になさってください。

離婚について
不貞(不倫)
DV・暴力
その他
お金について
婚姻費用
慰謝料
財産分与
子供について
親権
養育費
面接交渉
認知
嫡出否認

夫婦問題・離婚相談のご予約・お問い合わせはこちらまで


tel.079-286-8040
受付時間/9:00~18:00 休日/土・日・祝祭日

このページの上部へ戻る
Copyright© Joyo lawyer Office All Rights Reserved.