離婚の際の3つの視点

離婚を考える際の視点は,実は3つだけとシンプルです。

離婚をどうやって実現するか?
子供に関する取り決めをどうするか?
お金に関する取り決めをどうするか?


離婚をどうやって実現するか?

・裁判所を使わずに交渉で解決する「協議離婚」・裁判所に話し合いの場を求める「調停離婚」・裁判官に結論を決めてもらう「裁判離婚」

離婚の手続きにはこの3つがあります。

いきなり裁判離婚を求めることは認められていませんので,まずは協議離婚,調停離婚いずれを選択するかを決めることとなります。

どちらがよいかは,事案の内容や相手の性格にもよりますので,ご相談いただけたらと思います。




子供に関する取り決めをどうするか?

親権を誰が取得するのか

一般的には,子供の年齢が幼少である場合,母親が優先される事が多いですが,特別な事情があれば結論が変わる場合もあります。ご自身のケースでどうなるか,ご相談いただけたらと思います。




お金に関する取り決めをどうするか?


財産分与

夫婦生活で出来た財産を名義を問わず,
原則2分の1ずつ分ける制度



慰謝料

不倫やDVなど,相手の不法行為によって
生じる賠償金



婚姻費用
夫婦が別居している場合に,支払う生活費


養育費
夫婦離婚後のお子様のための生活費


年金分割

結婚期間中の厚生年金納付の記録を原則半分,
配偶者に移し替える制度


それぞれ,事案に応じたポイントがあり,有利,不利を考えて進める必要があります。気になるポイントを遠慮無くご相談ください。


各請求の注意点はこちら

夫婦問題・離婚相談のご予約・お問い合わせはこちらまで


tel.079-286-8040
受付時間/9:00~18:00 休日/土・日・祝祭日

このページの上部へ戻る
Copyright© Joyo lawyer Office All Rights Reserved.