城陽法律事務所の離婚解決事例集

当事務所が過去に解決した事例の一部をご紹介いたします。
是非ご参考になさってください。

離婚について

FILE
73

慰謝料の支払を受け、相手方からの財産分与を排除した事案

相談者
性別:女性
年代:30代
姫路
解決内容

慰謝料として150万円の支払を受ける他、
相手方から「使途不明金」として相当額の財産分与を求められたのに対し、
使途を丁寧に主張、立証し、その請求を排除する形で、離婚訴訟において和解が
成立しました。

結果・所感

相手方が不貞行為を認めたものの、これが夫婦関係に与えた影響は小さい等として、
慰謝料の支払を離婚調停段階から拒絶していました。

また、財産分与についても、「使途不明金」としてまとまった額の財産分与を求めてきていた他、
親権についても正面から争っていたため、離婚訴訟に移行した事案です。

双方の主張、立証を尽くした上で、親権については基本的に当方がふさわしい、との裁判官の意見を
もとに、離婚訴訟において和解できないか協議を進めました。

結果、慰謝料150万円の支払を受ける他、相手方の財産分与を排除するなど、
当方の主張が全般的に認められる形での和解離婚を成立させることができました。

ワンポイント解説

離婚調停、訴訟において相手方が様々な主張を行ってきた場合に、
どのように対処するか、という問題があります。

これについては、主張、立証から考えて、どの点が有利でどの点が不利なのかを
慎重に分析した上で、対応を考える必要があります。

今回の場合、使途不明金については、一部不利な部分もありましたが、これを排除できた他、
慰謝料、親権等有利な点についても、妥当な結論となりました。

その他、子の面会交流についても、こちらの意見を入れたある程度具体的な枠組みを作ることが出来ました。

離婚問題で弁護士に相談、依頼をお考えの方は、離婚問題、男女問題の解決実績が豊富な、
姫路の城陽法律事務所まで遠慮無くご相談ください。

FILE
69

収入、資力が不十分な相手方から、解決金及び養育費を得た事案

相談者
性別:男性
年代:30代
姫路
解決内容

離婚調停において、相手方の不倫に争いはなく、慰謝料の支払を求めた他、
子が親権者として当方(夫)を希望している事から、妻に対する養育費の支払も
求めた事案です。

解決金として100万円の支払を認めていただき、70万円を一括で支払って頂き、
残りを分割払いとし、養育費については、相手方の収入の方が少ないことから、
月額1万円を支払っていただく形で調停が成立しました。

結果・所感

相手方の財産や収入が少ない場合に、どのように回収を図るかは
悩ましいところがあります。

本件では、この点をうまく解決することができ、
無事、条件が整い、離婚調停が成立しました。

ワンポイント解説

当初、相手方は財産や収入にとぼしい事などを理由に、
慰謝料や解決金の支払を拒絶していました。

しかし、調停において、相手方名義の保険があり、これを解約すれば
支払が可能であり、慰謝料、解決金の支払を得なければ、離婚調停を成立させることは
できない旨、述べたところ、回を重ね、相手方はこれに応じる旨、回答し、
前記の通り調停が成立しました。

また、養育費についても、子が2名いるところ、1名が成人した場合、半額になる旨、
相手方は主張していましたが、相手方の方が収入が少ないという事案の特殊性から、
算定表ではいずれにしても、金額がほとんど変わらない旨、主張し、
期間を通じて養育費は1万円となりました。

FILE
65

離婚に際し、実質的な回収が図れた事案

相談者
性別:男性
年代:30代
姫路
解決内容

相手方に資力がない中、相手方からの解決金の支払を確実に受ける効果を生むため、
一定期間、依頼者が相手方に支払う養育費の一部を減額(具体的には養育費の支払額を回収が済むまで
1か月1万円に減額)する形で離婚調停が成立しました。

結果・所感

本件では、離婚成立の条件として、相手方に対し不貞行為による慰謝料、依頼者の親が貸し付けた金銭の返還を
求めていたところ、相手方の資力が乏しく、かつ、財産分与の対象財産もとぼしく、財産分与で
調整を図ることも困難という事情がありましたが、
依頼者が本来支払うべき養育費の月額を一定期間、減額する内容の離婚調停を成立させることで、
実質的に回収を図ることができました。

ワンポイント解説

養育費を一方的に相殺することは法律上、出来ないため、
調停上、相手方と合意の上で、実質的な相殺を図る必要がありましたが、
交渉の結果、これを実現することができた点に特色があります。

このように、相手方に対する支払を抑える形で、実質的に回収を図れる場合がありますので、
ご自身の離婚のケースで弁護士に相談、依頼をお考えの方は、遠慮なく姫路の城陽法律事務所まで
ご相談ください。

FILE
52

財産分与分の支払を行わず、かつ、解決金を得る形で離婚が成立した事案

相談者
性別:女性
年代:30代
姫路
解決内容

当方の管理財産の方が多いため、相手方に対し100万円以上の
財産分与の支払を行わなければならないところ、これを不要とした上で、
相手方より15万円の解決金を得て、その他、養育費の取り決めも行い、
離婚が成立した事案。

結果・所感

客観的に、当方の管理財産の方が多いため、証拠上、相手方にまとまった支払を
行わなければならない状況にあり、他方で、慰謝料請求の根拠については、裏付け証拠に
乏しいという問題があった他、オーバーローンのためマイナス財産であった不動産に
固有の財産をつぎ込んでおり、理論的にその返還を求めることがむずかしい状況にありました。

ワンポイント解説

ねばり強く交渉を行う中で、相手方からの譲歩も得られ、全体として当方がこれ以上の
持ち出しをせずに済む形で解決を図ることが出来ました。

FILE
49

不貞行為等を理由とした慰謝料請求を排斥し、財産分与を獲得した事案

相談者
性別:男性
年代:20代
姫路
解決内容

妻側は当方に対し、不貞行為等を理由に慰謝料請求100万円を請求したきたところ、
当事者尋問手続を経て、裁判官より、不貞行為の存在は認められず、慰謝料は不発生との心証開示を受け、
その上で、名目的な解決金を設定して和解することで、当方の妻に対する財産分与請求分を
当方の妻に対する養育費支払債務と相殺することとし、一定期間、養育費の支払を
行わずに済む形で終わらせることができました。

結果・所感

不貞行為の不存在について、的確に反論、反証を積み重ね、
尋問でも同様の心証を裁判官から得ることができました。

ワンポイント解説

名目的な解決金を設定し、和解で終結させることで、
本来、相殺することができない養育費についても事実上の相殺処理をすることができます。

また、和解の形をとる事で、離婚訴訟の判決では認められない、子との面会交流についても
取り決めることができました。

FILE
47

当方が不貞行為を行ったものの、協議の結果、離婚が成立した事案。

相談者
性別:男性
年代:30代
姫路
解決内容

当方が不貞行為を行ったものの、協議の結果、離婚が成立した事案。

結果・所感

裁判基準程度の慰謝料を支払うことで、離婚を成立させることができました。

ワンポイント解説

協議によりスピーディに離婚が成立できた事案でした。

FILE
9

不貞行為を理由とした離婚請求が認められた事案。

相談者
性別:女性
姫路市在住
女性の方 初回のご相談無料(予約制) お気軽にご相談ください

夫婦問題・離婚相談のご予約・お問い合わせはこちらまで


tel.079-286-8040
受付時間/9:00~18:00 休日/土・日・祝祭日

このページの上部へ戻る
Copyright© Joyo lawyer Office All Rights Reserved.