城陽法律事務所の離婚解決事例集

当事務所が過去に解決した事例の一部をご紹介いたします。
是非ご参考になさってください。

離婚について

FILE
60

相手方から相当額の解決金を得られた事案

相談者
性別:女性
年代:30代
姫路
解決内容

婚姻期間が1年未満であり,婚姻中の財産としてはめぼしいものがなかったものの,調停離婚により解決金として80万円を獲得できた事案。

結果・所感

離婚慰謝料として請求することが難しい事案でしたが,調停手続き内で,離婚に至る経緯や相手方の金銭感覚のずれから生じる当方の精神的ストレス等を主張し,解決金という形で80万円の支払いに応じていただくことができました。

ワンポイント解説

離婚の話が具体的になる前から,何度かご相談に来ていただいていたため,適時,状況に合ったアドバイスをすることができ,結果的に,調停でも当方に有利な解決を早期にすることができました。

FILE
57

相手方の浪費、借金から、財産分与の割合を大幅に修正した事案

相談者
性別:女性
年代:40代
姫路
解決内容

財産分与、慰謝料として800万円の支払を受け、
自宅も取得し、子の学資保険も子固有の財産とした事案。

結果・所感

相手側に借金や浪費があったため、めぼしい財産は
相手方の退職金の残金1000万円のみでした。

他方で、子名義の学資保険の解約返戻金額も相当額存在し、
単純に半分ずつ財産分与を行うと、不平等な結果となるところでした。

この点を、①相手方の浪費及び借金返済の繰り返しの事実を丁寧に主張し、
財産分与の割合を半分ずつとすることが不平等であること、
②浪費による慰謝料が発生する事案であること、
③子名義の学資保険は子固有の財産として、財産分与の対象から外し、当方が全部取得すること
④残ローンのある家についても、当方が取得し、居住を係属すること
などを内容とする解決案を示し、

相手方に応諾していただきました。


ワンポイント解説

相手方の浪費、借金の穴埋め等がある場合、財産分与を半分ずつ行うことは
不平等と言えます。

この点を丁寧に示し、まとまった金額の支払を一括で受けることができた事に
意義があります。(相手方の就労状況が芳しくなく、この段階で回収しておかなければ、
後に回収が困難となり得る事案でもありました。)

FILE
48

めぼしい財産がなかったものの、まとまった解決金が早期に得られた事案

相談者
性別:女性
年代:20代
姫路
解決内容

当方が婚姻中に、婚姻前に持っていた預金等のほとんどを使っており、
婚姻中の財産としてはめぼしいものがなかったものの、
協議離婚により、一括して解決金として125万円を獲得できた事案。

結果・所感

今後の養育費の支払も含むため、公正証書にすること、
公正証書作成費用も相手方負担とすることにも
応じていただくことができました。

ワンポイント解説

理論的には、財産分与の対象財産がない事となり、相手方からの回収は
難しい側面もありましたが、交渉の結果、早期に公正証書による合意成立に
達することができました。

FILE
42

明確な離婚理由がなかったものの離婚成立の上、親権を取得し、月額8万円の養育費が認められ、財産分与として約800万円の支払を受け、これとは別に子の学資保険を取得した事案。

相談者
性別:女性
たつの市在住
FILE
17

調停申立から約1か月で離婚が成立した事案。

相談者
性別:女性
加古川市在住
FILE
13

相手方からの離婚請求訴訟に対し、当方が婚姻継続の意思を強く主張したところ、 復縁の上、訴えが取り下げられた事案。

相談者
性別:女性
加古川市在住
FILE
10

相手方からの離婚請求訴訟に対し、約120万円の解決金の支払を条件に和解が成立した事案。

相談者
性別:女性
姫路市在住

夫婦問題・離婚相談のご予約・お問い合わせはこちらまで


tel.079-286-8040
受付時間/9:00~18:00 休日/土・日・祝祭日

このページの上部へ戻る
Copyright© Joyo lawyer Office All Rights Reserved.