城陽法律事務所の離婚解決事例集

当事務所が過去に解決した事例の一部をご紹介いたします。
是非ご参考になさってください。

お金について

FILE
82

不貞行為による慰謝料として300万円の請求を受けたのに対し、半額で示談が成立した事案

相談者
性別:女性
年代:30代
姫路
解決内容

当方が不貞行為を行った事には争いのない事案でした。
また、相手方は離婚を行う方向である事にも、争いがない事案でした。
相手方に弁護士が就き、内容証明で、300万円の慰謝料の支払を求めてきたのに対し、
半額の150万円を支払う形での示談が成立しました。

結果・所感

相手方が離婚を行う場合、離婚慰謝料は、150万円以上となる事が多いです。

本件では、不貞行為を行った事実及び相手方が離婚を行う方向である事に争いがない
事案である上、当方の支払能力にも問題がない事案であった事から、ディスカウントが
難しい事案でした。

ワンポイント解説

相手方は、300万円の請求の後、少なくとも200万円は払って欲しいとの
申し出を行ってきましたが、当方は150万円が限度であり、変更ができない旨、
ねばり強く交渉したところ、ミニマムの150万円で示談が成立しました。

不貞行為の相手方に半額の75万円を求償することができる事から、
最終的な実質的な損害は75万円にとどめることができました。

弁護士が離婚慰謝料を請求する場合でも、判決で認められる金額以上の金額を請求してくるケースが
多く見られます。弁護士が請求している以上、金額が正しい、という関係には必ずしもない点に、
注意が必要です。

離婚慰謝料の請求を考えておられる方、離婚慰謝料の請求を受けられた方で、弁護士に相談、依頼をお考えの方は、
解決実績の豊富な、姫路の城陽法律事務所まで遠慮なくご相談ください。

FILE
33

不貞を行った当事者同士での示談契約の無効を理由に、約540万円の返還を請求されたのに対し、100万円の返還で和解が成立した事案。

相談者
性別:女性
たつの市在住
FILE
29

婚約破棄の損害賠償、慰謝料として約450万円の請求を受けたのに対し、婚約破棄が一方的なものではなく、相手方にも相応の原因があったことを丁寧に主張し、慰謝料は不発生とした上で、婚約に要した実費の半額(約70万円)の支払にとどめた事案。

相談者
性別:女性
加古川市在住
FILE
25

妻の不倫相手に対する慰謝料請求につき、不貞以前に婚姻関係が破綻していたとの主張を排斥し、150万円の慰謝料が認められた事案。

相談者
性別:男性
姫路市在住
FILE
23

妻からの慰謝料請求を排斥した事案。

相談者
性別:男性
加古川市在住
FILE
11

約2500万円の財産分与、慰謝料請求を含む離婚請求を受け、約1400万円の減額に成功した事案。

相談者
性別:女性
姫路市在住
FILE
8

財産分与と別枠で300万円の慰謝料が認められた事案。

相談者
性別:女性
姫路市在住
FILE
3

不貞行為に基づく慰謝料として250万円が認められた事案。

相談者
性別:女性
加古川市在住
女性の方 初回のご相談無料(予約制) お気軽にご相談ください

夫婦問題・離婚相談のご予約・お問い合わせはこちらまで


tel.079-286-8040
受付時間/9:00~18:00 休日/土・日・祝祭日

このページの上部へ戻る
Copyright© Joyo lawyer Office All Rights Reserved.