城陽法律事務所の離婚解決事例集

当事務所が過去に解決した事例の一部をご紹介いたします。
是非ご参考になさってください。

お金について

FILE
75

相手方の慰謝料請求を300万円以上ディスカウントした事案

相談者
性別:男性
年代:60代
姫路
解決内容

相手方からの不貞行為を理由とする慰謝料請求に対し、
示談で300万円以上、ディスカウントすることができました。

結果・所感

相手方は、不貞行為に関する証拠として、興信所のラブホテルの写真を
入手しており、不貞行為の存否については争いにくい状況にありました。

また、当職が代理人に就任する以前に、ご本人が相手方と直接やりとりを
されており、その中で、300万円程度払う旨、一度、話されていたことなどから、
相手方はこれを前提に話を進めてきており、高額な金額を要求されている状況でしたが、
ねばり強く交渉を続けた結果、妥当な金額に落ち着けることができ、また、訴訟も回避することが
できました。

ワンポイント解説

ご依頼いただく前の段階で、「○○円を払う」などと相手方に話されているケースでは、
相手方は、その金額は当然払ってくれるものと思いこんでおり、これより低い金額で
示談をまとめることが困難となることが少なくなりません。

そこで、相手方に具体的な条件を呈示される前に、弁護士に相談されることを
強くおすすめいたします。交渉段階では、方向性が決まるまでは、確定的な事を言わないことが
重要となってきます。

本件でも、この点で難しい部分がありましたが、「一定の金額以上は、支払わないので、それ以上を
望まれるようであれば、訴訟提起を行っていただくより他はない」旨、繰り返し相手方代理人に伝え、
こちらの意思が固いことが伝わった結果、相手方は当方の提案する金額で応諾しました。

相手方からすると、訴訟に移行したとしても、今の提案以上に金額が上がる可能性が低く、むしろ、
弁護士費用等を考えると、マイナスになる可能性があるとの判断も働いたものと考えられます。

離婚、不貞行為の慰謝料などでお悩みの方は、姫路の弁護士事務所、城陽法律事務所まで遠慮無く
ご相談下さい。離婚、慰謝料等の調停、訴訟はもとより、示談による解決実績も豊富です。

FILE
66

不貞行為を理由とした慰謝料請求を大幅に減額した事案

相談者
性別:女性
年代:30代
姫路
解決内容

不貞行為に基づく慰謝料請求として300万円が請求されたのに対し、
示談により100万円で解決した事案

結果・所感

交渉の結果、相手方の請求から数週で合意に達しました。

ワンポイント解説

不貞行為の存在には争いがなく婚姻期間が30年近くに及んでいた事から、
慰謝料が高額化する可能性がありましたが、
100万円で早期に妥結することができました。

FILE
63

別居後の不貞行為の慰謝料300万円の請求を大幅に減額させた事案

相談者
性別:女性
年代:50代
姫路市内
解決内容

協議離婚後に,相手方から,相談者と不貞行為の相手方に対し,慰謝料300万円の請求がなされた事案です。
本件は,相手方と別居した後に,不貞行為がなされたというものであり,婚姻関係が既に「破綻」しているとまではいえないものの,それに近い状態であったことから,請求額を大幅に減額して慰謝料100万円で解決することができました。

結果・所感

本件は,婚姻期間中の不貞行為にあたるため,一見すると,離婚に伴う離婚慰謝料として請求額が高額になる可能性もありましたが,ご相談段階で,相談者の方から婚姻期間中の夫婦関係,別居に至る経緯,別居後の相手方の行動等を詳しく聴き取ることが出来たため,慰謝料を減額させる事情を相手方に主張することができ,結果的に請求額の3分の1の支払いで解決することができました。

ワンポイント解説

婚姻期間中の不貞行為については,夫婦関係がすでに「破綻」していると認められる場合は,特段の事情がない限り,慰謝料は発生しないと考えられています。
もっとも,「破綻」しているとまではいえなくとも,本件のように,別居に至る経緯,別居期間,同居時の生活状況など慰謝料請求を否定するための事情を詳しく聴き取ることで,慰謝料額を減額することが可能になります。

FILE
62

不貞行為による慰謝料200万円の支払を早期に受けた事案

相談者
性別:女性
年代:30代
姫路
解決内容

夫の不貞行為の自白が存在した事案です。
不貞行為の相手方との示談交渉の依頼をお受けしました。

結果・所感

交渉の結果、依頼から2週間で相手方から200万円の支払をうけることが
でき、スピーディに解決できました。

ワンポイント解説

婚姻期間は、数年程度でしたが、婚姻前から不貞行為の相手方と関係をもち、
婚姻する事を知りながら、その後も不貞行為を継続したなど、悪質さをもつことから、
慰謝料の増額事由があるものとして、200万円を請求することとし、
その支払をスピーディに受けることができました。

FILE
55

暴力を受けたとして、200万円の慰謝料請求を受け、これを排斥した事案

相談者
性別:男性
年代:50代
姫路
解決内容

財産をこれまで、妻側が管理していたため、財産分与の対象財産が全く分からない状況にある中、
調停を通じて、財産の開示を求め、財産の全容が分かりました。

相手方は、別居を開始した時点を財産分与の基準時とし、それ以降に増加した部分は対象外と
主張していました。

また、慰謝料200万円や学費の全額の負担も求めてきていました。

結果・所感

当方が、離婚の際の財産分与の基準時は、経済的に分離が図られた時点であり、別居後、
当方の収入を相手方が管理しなくなった時点である旨、主張し、裁判所もこれを認め、
これを前提とした、約1300万円の財産分与が得られました。

相手方は、慰謝料として200万円を請求していましたが、これも無い事となりました。

その他、養育費についても、月額4万円程度、減らす事ができました。

また、学費についても、養育費の算定式で織り込み済みである、公立高校の標準学費約33万円を超える部分について、
双方の収入割合に基づいて按分する形にとどめることができました。
結果、相手方の主張の4分の1程度に学費負担を抑えることが出来ています。

ワンポイント解説

相手方より、暴力を理由とした200万円の請求がなされました。

支える証拠に乏しかったため、相手方の意図としては、相手方が当方に渡す財産分与額を
減らす交渉材料として考えておられたものとみておりますが、
この点、端的に事実を否定し、証拠にも乏しい事から、考慮すべきではない旨、主張したところ、
慰謝料が無いことを前提とした調停が成立しました。

FILE
50

不貞の相手方に対する慰謝料が認められた事案

相談者
性別:女性
年代:40代
高砂
解決内容

不貞の相手方に対し、慰謝料請求訴訟を行った結果、
裁判所の和解案により150万円を一括で支払を受けることとなりました。

結果・所感

提訴から半年で解決に至ることができました。

相手方からは、不貞行為がなかった旨、反論、反証がありましたが、
反論自体に説得力がなく、仮に反論通りの事実があったとしても、不貞行為と両立するため、
不貞行為を否定することにはならない事などを丁寧に主張したところ、
裁判官の心証も、不貞行為はあったというものとなり、これを前提とした和解案の提示を
受けることができました。

ワンポイント解説

判決に至った場合、遅延損害金や弁護士費用(認容額の1割)などが
付されますが、他方で、任意に支払ってくれない場合に、どのように回収するか、という
問題も残ります。

この点、和解の場合で、特に相手方に代理人が就いている場合には、和解後に支払を
スムーズに受けられることが多いです。

私たち、城陽事務所では、姫路市・相生市・豊岡市・加古川市・赤穂市・西脇市・三木市・高砂市・小野市・加西市・宍粟市・加東市・たつの市・多可町・稲美町・播磨町・市川町・福崎町・神河町・太子町・上郡町・佐用町・養父市・ 尼崎市・明石市・西宮市・洲本市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・篠山市・丹波市・南あわじ市・朝来市・淡路市・猪名川町・香美町・新温泉町、神戸市など兵庫県のどちらにお住まいの方でも対応することが可能です。

安心してご相談ください。

FILE
44

離婚慰謝料の請求に対し、慰謝料を支払う事由がないこと(違法な事を何もしていないこと)を主張し、慰謝料の支払義務がないことが認められた事案。

相談者
性別:女性
明石市在住
FILE
38

夫婦関係破綻を理由とした、妻からの慰謝料請求(330万円)を、不貞の相手方が受けたのに対し、100万円の支払でとどめた事案。

相談者
性別:男性
姫路市在住
FILE
37

夫婦関係継続を前提とした、不貞の相手方に対する慰謝料請求として、請求どおり165万円の支払義務が認められた事案(損害の15万円は弁護士費用)。

相談者
性別:女性
姫路市在住
FILE
33

不貞を行った当事者同士での示談契約の無効を理由に、約540万円の返還を請求されたのに対し、100万円の返還で和解が成立した事案。

相談者
性別:女性
たつの市在住
女性の方 初回のご相談無料(予約制) お気軽にご相談ください

夫婦問題・離婚相談のご予約・お問い合わせはこちらまで


tel.079-286-8040
受付時間/9:00~18:00 休日/土・日・祝祭日

このページの上部へ戻る
Copyright© Joyo lawyer Office All Rights Reserved.